全国各地の地鶏を
食べたオーナーが選び抜いた

究極の地鶏
なんと今なら
2,800円 ⇒ 1,200円!!

みなさん地鳥を食べたことがある方も多いと思いますが、地鶏の定義って知ってますか?

鶏舎や屋外で地面を自由に歩き回れるように
、平飼いされた、在来種由来の血液百分率が半分以上の鶏のことを指します。
 
それに付け加え。
 4つの条件があります!



地鳥を食べた時に

硬いと感じた事はありませんか?
僕は今まで全国各地の色々な地鳥を食べてきました。


その中で地鳥の概念を覆してくれたのが

このみやざき地頭鶏です!

この感動を皆様に伝えたくて

今回割引させていただきます!

しかし

ごくわずかしか入荷がないので

3セット限定にさせてもらいますね!

その方法はこちらから

こちらから登録よろしくお願いします!

広い鶏舎でのびのび
平飼いで健やかに育てる

地鶏の規格を管轄する農林水産省のJAS規格では、在来種由来の血液成分を50%以上とし、平飼い平米10羽以下の環境下で80日以上飼育することを規格としている。

一方、みやざき地頭鶏は、在来種由来50%の血液成分で平飼い平米2羽以下の広大な土地でオス120日、メス150日の間のびのびと飼育してます。

柔らかく歯応えあり
旨味たっぷりの肉質
 

JAS規格で定めている飼育期間の2倍近い長い期間をかけて育てられたみやざき地頭鶏は程よい筋肉量と健康的な内臓が特徴的です。

自然の大地を駆け回り、のびのびと育ちは
ンスの良い身体からくる歯ごたえと噛めば噛むほど広がる鶏の旨味がご堪能いただけます。

ひよこ家がなぜ『みやざき地頭鶏』を選んだのか?

江戸時代から美味で有名な地鶏をブランド化
宮崎県産ブランド「みやざき地頭鶏」
(じとっこ)とは?

  歴史ある宮崎のンド地鶏を、

愛情込めてのびのび育てる。


江戸時代から美味で有名な地鶏をブンド化
宮崎県産ブンド「みやざき地頭鶏」とは

 

みやざき地頭鶏のルーツである地頭鶏(じとっこ)は、島津藩(現在の宮崎県や鹿児島県の一部)で
古くから飼育されており、
大変美味であることから当時の地頭職に
献上されていたことに由来します。

現在では天然記念物に指定されている地頭鶏を新たな宮崎の
ンドにしたいとの思いから、
宮崎県では長年にわたり研究、交配が行われて来ました。

1991年に初代「みやざき地鶏」として完成し、その後も改良や試験を加えて現在の「みやざき地頭鶏」が完成しました。

Googleの口コミにお客様から
嬉しいお言葉いただきました!

Voice1

星5つ☆☆☆☆☆

美味しいです!
自分で焼くスタイルです。
店員さんの対応も良く、また行きたくなるお店です。

Voice2

星5つ☆☆☆☆☆

オーナーがとても良い方で
料理もオリジナリティーが
あり最高!減量中でも安心♪