お腹の子
すくすく
blog

 妊娠中の役立つ情報を発信しています!!

ABOUT ME

PROFILE


Miyoko  Kinoshita

【志】

世界平和は家庭から。

胎教を通して人類の未来に貢献したい。
英才教育という一面だけでなく、胎教の正しい認識を広めたいです。

塾講師をして多くの保護者の方に出会い、どのお母さん、お父さんも子どもを思い子育てに悩まれています。
どうしたらその悩みが解決するのか…。

私なりに追求した先が胎教でした。

産まれる前の教育です。もっと言うならば、お腹に宿る前に根本があると思っています。


【work】 

英語が苦手でろくに単語さえ書けなかった私が塾講師に( ̄▽ ̄)

英語の神様が降りてきたのは中2の時。

アメリカに行った事がきっかけで語学に興味を持ち、大学ではアラビア語を学んでいました。

当時、海外旅行好きでバイト代が入れば即旅行に。


☆胎教アドバイザー®
☆塾講師歴  12年(文系)

前半6年程塾の会社で働き、後半は先輩が立ち上げた塾のお手伝い。

☆幼児教育
ピグマリオン、フレイア(右脳教育)
絵本と漢字を組み合わせた幼児授業(ルピナス式)グリムスクール(小学生)


元々勉強出来なかったので、講師1年目は勉強、板書計画、仕事に追われる日々。
当時、睡眠2時間で働いていたら秋ぐらいに体調を崩し、身体がボロボロに( ̄▽ ̄)

講師3年目に校舎運営するが、ストレスMAXでメンタル崩壊(;´Д`)
夜中の校舎で泣き叫ぶ(・∀・)

自分の中の限界を感じ、塾長に「明日から出勤しない。」と電話をしたところ、
「お前!生徒見捨てるんか!?」の言葉で仕事を辞めることを思いとどまる。

あの時辞めずに続けてこれて良かった(*^^*)


【history】
1歳 
丸々と成長。歩き出すのが遅く親に心配をかける。すでにマイペース。

小学3~6年 
小3の秋に都会から田舎に転校する。なかなか環境に慣れず、学校でも引っ込み思案。
小5の時にも学校校区が変わり、隣の小学校に転校。転校先ではキャラ変し、活発な子に 当時の担任の先生が大好きで、講師になったのはこの頃がきっかけかもしれない。

中学2年生  
夏休みを使って、従姉妹が留学していたアメリカのミネソタ州に行く。
学校の定期テストで2、30点台を取っていたが、英語を勉強する大きなきっかけとなる。


高校卒業後 
大阪の文系大学に進学。アラビア語を学ぶ。

22歳  
学生の時からアルバイトしていたエステサロンに就職。お客様にキレイになって喜んでもらえることがやりがいになっていた頃。

24歳   
塾講師に転職。子ども達と触れ合い、教える仕事にもやりがいを感じ。熱中する。 今の自分を確立できた場所でもある。

29歳    
30歳になる前に何かを変えなければ!と年齢に対して変な焦りがあり、塾業界を去る。通信に業界に転職。

31歳    
やはり、教える仕事がしたい!と通信会社を退職。 前職の時の先輩が独立することになり、先輩の仕事を手伝う。
ちょうどこの頃先輩の勧めもあって胎教の良さを知り、胎教の資格を取る。現在に至る。